旅行好きには欠かせない!スカイトラベラーの魅力とは?


アメックスのスカイトラベラーは、仕事や旅行で飛行機に乗る機会の多い方にオススメのクレジットカードです。そのポイント還元率は、驚異の25%。もちろん、アメックスの旅特典も付いています。

アメックススカイトラベラーの入会を検討しているあなたに、メリット・デメリットを詳しくご紹介します。

スカイトラベラーとは?

アメックススカイトラベラーとは、アメックスが発行している旅行に特化したクレジットカードです。

スカイトラベラーとスカイトラベラー・プレミアの2種類が発行されています。

最大の魅力は、対象航空会社27社の航空券の購入、対象旅行会社2社の旅行代金の支払いによって、スカイトラベラー:ポイント3倍、スカイトラベラー・プレミア:ポイント5倍になります。

スカイトラベラーのメリット

ボーナスポイント

スカイトラベラー スカイトラベラー・プレミア
入会ポイント 3,000ポイント 5,000ポイント
最初の旅行 5,000ポイント 10,000ポイント
継続ポイント 1,000ポイント 5,000ポイント

ポイントは1ポイント=1マイルで、マイルに移行することができます。

普段の買い物でポイント還元率1%で無期限


コンビニやスーパー、ネット通販、公共料金・携帯電話代の支払いなど、100円につき1ポイント貯まります。

貯めたポイントは、1ポイント=1マイルの価値があるので、ポイント還元率は高いです。さらに、ポイントの有効期限がないので、期限を気にして慌てて使う必要もありません。

対象航空会社/対象旅行代理店でポイントアップ

ANAやJALを含む27社の航空券を航空会社から直接購入すると、スカイトラベラーなら3倍、プレミアなら5倍のポイントが貯まります。

他のクレジットカードと比べても、ここまで高還元なカードはめったにありません。

スターアライアンス ANA(全日空)
アシアナ航空
エバー航空
オーストリア航空
シンガポール航空
スイスインターナショナルエアラインズ
スカンジナビア航空
タイ国際航空
ルフトハンザドイツ航空
ワンワールド JAL(日本航空)
カンタス航空
キャセイパシフィック航空
フィンランド航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
スカイチーム デルタ航空
エールフランス航空
KLMオランダ航空
アリタリア-イタリア航空
ガルーダ・インドネシア航空
大韓航空
チャイナエアライン
非加盟 スターフライヤー
バニラエア
エア タヒチ ヌイ
エティハド航空
エミレーツ航空
フィリピン航空

また、日本旅行・アップルワールドでの旅行代金支払いでも、同様にポイントがアップします。

旅行代金は、飛行機だけでなく、JRを使った旅行でもポイントが3倍・5倍にアップします。

15社の航空会社のマイルに交換できる


マイル移行手数料は0円、しかも、無制限に移行できます。ただし、ANAだけは、参加登録費が年間5,000円(税別/自動更新)、年間80,000ポイントまでの上限があります。

スターアライアンス ANA
シンガポール航空
スカンジナビア航空
タイ国際航空
ワンワールド キャセイパシフィック航空
フィンランド航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
カタール航空
スカイチーム デルタ航空
エールフランス航空/KLMオランダ航空
アリタリア-イタリア航空
チャイナエアライン
非加盟 ヴァージン アトランティック航空
エティハド航空
エミレーツ航空

マイルと交換する特典航空券は、航空会社・行き先によって必要マイル数が異なりますので、うまく活用しましょう。

JAL便にもマイルで乗れる


JALの航空券を購入するとポイントは3倍・5倍にアップするのですが、残念ながら貯まったポイントのマイル移行はできません。でも、JAL便にマイルで乗ることはできるのです。

その方法は、JALと同じワンワールドに加盟しているブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)にマイルを移行し、ブリティッシュエアウェイズ経由でJALの特典航空券に交換します。

ひと手間かけるだけで、JALの航空券に交換できます。しかもJALでマイルをためるよりもお得なんですよ。

マイル以外にもポイントは使える?

貯めたポイントは、カード利用後の支払い代金に充当できます。また、お買い物やレストランでのカード利用など、あらゆる支払いにポイントを活用することができます。

ただし、交換レートが異なりますので、マイルに交換するのが断然お得です。

提携航空会社で利用 1ポイント = 1円
ホテル・旅行代理店などの加盟店で利用 1ポイント = 0.8円
旅行関連以外で利用 1ポイント = 0.3円

空港ラウンジが無料


国内28空港、海外2空港の空港ラウンジが、本会員、家族カード会員ともに無料で利用できます。しかも、同伴者1名も無料なんです。自分だけラウンジ行ってくる。なんてワケにはいかないので、これは嬉しいですよね。

利用方法は、搭乗券とスカイトラベラーを受付で提示するだけです。フリードリンクや雑誌、コンセントもあるので、出発までゆっくりと過ごすことができます。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行からの帰国時に、空港から自宅まで、スーツケース1個を無料で配送してくれます(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港のみ)。

海外旅行保険

海外旅行の際に、航空券やパッケージ・ツアーなどの代金をカードで支払うと、旅行中の傷害死亡やケガ、病気などの傷害事故を保証してくれる保険です。

スカイトラベラー 最高3,000万円
スカイトラベラー・プレミア 最高5,000万円

航空便遅延費用保証

航空便遅延費用保証とは、国際線が遅延した場合に、宿泊料や食事代を補償してくれる保険のことです。

また、手荷物の到着遅延や紛失にあった場合も、負担した衣類や生活必需品の購入費用も2万円まで補償してくれます。

私は、ベルギーで18時間の遅延、スペインでロスバケ(翌日に到着)したことがあります。よくあることではないですが、保証はあるに越したことありません。

海外旅行先での日本語サポート


旅行先で、言葉の壁があっても日本語サポートがあると安心です。特に飛行機の遅延や欠航した時には、とても心強いです。世界中のほとんどの国から24時間無料で利用できます。

スカイトラベラー グローバル・ホットライン(海外情報サービス)
スイトラベラー・プレミア オーバーシーズ・アシスト(海外情報サービス+緊急支援サービス)

ショッピング・プロテクション

スカイトラベラー・カードで購入した商品が破損・盗難などの損害にあった場合、購入日から90日間、年間最高200万円(プレミアは500万円)まで補償されます。

旅行サイトの優待

「エクスペディア」「一休.com」「日本旅行」「アップルワールド.com」を優待価格で利用することができます。

キャンセル・プロテクション(プレミアのみ)


急な出張や、突然の病気、ケガによる入院などで、予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を補償してくれるサービスです。

スカイトラベラーのデメリット

飛行機にあまり乗らない方、旅行に行かない方にはメリットが少ないカードです。

また、スカイトラベラーは旅行に特化したクレジットカードですが、プライオリティパス(世界143カ国以上にある1200か所以上の空港ラウンジ)が利用できないのが残念です。

アメックスゴールドは、プライオリティパスが無料(通常99米ドル)で登録でき、年に2回、無料で利用することができます。

旅行好きには必須のクレジットカードなので、プライオリティパスがあると嬉しいのですが。

年間費

スカイトラベラー スカイトラベラー・プレミア
年間費 10,000円+消費税 35,000円+消費税
家族カード 5,000+消費税 17,500円+消費税
ETC 無料(新規発行手数料850円+消費税)

旅行好きには欠かせない!

スカイトラベラー・カードはポイントが貯まりやすく、いろいろな航空会社のマイルに交換できるので、世界中にお得に旅行することができます。

さらに、傷害旅行保険や補償が充実しているから、安心して旅行を楽しめます。

個人的には、スカイトラベラー・プレミアがオススメです。年間費は35,000円と高額ですが、航空券や旅行代金の支払いでポイント5倍、さらに充実したサポートを考えると割安です。

あっという間にマイルが貯まるスカイトラベラー・カード。旅好きなあなたは今すぐ入会しましょう。