スカイトラベラー・カードの海外旅行保険と補償

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


あなたは旅行に行くときに、保険に加入していますか?海外出張が多い方や、海外旅行が趣味という方にとって、海外旅行傷害保険はとても重要です。

でも、渡航のたびに海外旅行傷害保険を契約するのは、手続きが大変でお金もかかります。

そこで便利なのが、海外旅行傷害保険が付帯されたクレジットカードです。

もちろん、スカイトラベラー・カードにも海外旅行傷害保険が付帯されていますが、保険の適用条件・範囲はクレジットカードごとに大きく異なります。クレジットカード選びの重要なポイントにもなります。

スカイトラベラー・カードの保険についてまとめてみましたので、カード選びの参考にしてみて下さい。

スカイトラベラー・カードの保険は利用付帯

クレジットカード付帯保険の最も大きな違いは、「自動付帯」と「利用付帯」です。

自動付帯というのは、その名の通り、何もしなくても保険が自動的に付帯されるということ。つまり、特に何もしなくても保険が適用されます。

一方、利用付帯は、旅費をそのカードで支払うことで海外旅行保険が使えるようになります。

ツアー料金、飛行機代、ホテル代、空港までの公共交通機関などが、旅費とされます。こうした費用をそのカードで支払って初めて、クレジットカードの保険が有効になります。

利用付帯の方がちょっと面倒なように感じますよね。でも、よく考えてみると、旅行費用はクレジットカードで支払っていませんか。

対象航空会社27社の航空券を購入するとポイントが3倍・5倍になるスカイトラベラー・カードなら、必ずと言っていいほどカードで支払います。

スカイトラベラー・カードの保険は利用付帯ですが、実質、自動付帯と変わらないのです。

海外旅行傷害保険

適用条件

旅行前にカードで、航空券や国際船舶のチケット、パッケージ・ツアーの料金を支払った場合、海外旅行を目的に自宅を出発したときから、自宅に戻るまで(日本出国の前日から入国の翌日まで)の最長90日間補償されます。

また、日本国内でのカードによる購入がなくても、出国後に海外ではじめて公共交通機関のチケットの料金をカードで支払った場合も、その購入の日から最長90 日間補償されます。

スカイトラベラー スカイトラベラー・プレミア
傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円
(家族特約:最高1,000万円)
最高5,000万円
(家族特約:最高1,000万円)
傷害・疾病治療費用 最高100万円 最高100万円
賠償責任 最高3,000万円 最高3,000万円
携行品
損害
1旅行中 最高30万円 最高30万円
自己負担額 1事故当たり3,000円 1事故当たり3,000円
年間限度額 100万円 100万円
救援者費用 最高200万円限度 最高200万円
家族特約の対象者 本会員(家族カード会員を含む)の配偶者、会員と生計を共にする子供や両親などの親族

24時間対応海外トラベルサポート

ほとんどのクレジットカードは、海外トラベルデスクを設置していますが、その多くは、利用できる時間が平日のビジネスアワーのみとなっています。

店舗が営業していない、土・日・祝日も電話で応対してくれるトラベルデスクもありますが、それでも対応時間は限られています。

でも、スカイトラベラー・カード(アメックス)の海外トラベルサポート「グローバル・ホットライン」なら、365日、24時間・通話料無料、しかも日本語で対応してもらえます。

《グローバルホットライン》

海外情報サービス

  • 旅行関連サービス(航空券の予約、発券、予約の再確認、変更/ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取り消し/レンタカー・リムジンサービスの案内、予約、取り消し)
  • レストラン・ゴルフコースの案内、予約、取り消し
  • 天気予報
  • 最寄りの日本大使館、領事館の案内
  • カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
  • パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
  • 電話による簡単な通訳サービス(ビジネス等の場合を除く)
  • 医師、歯科医、病院、弁護士の紹介
  • カードに付帯される海外旅行傷害保険の保険金請求のお手伝い

《オーバーシーズアシスト》プレミアのみ

オーバーシーズ・アシストは、グローバル・ホットラインに加え、いざという時に頼りになる、緊急支援サービスも利用できます。

緊急支援サービス

  • メディカルサービス:24時間電話医療相談、病院紹介、病院の予約・入院手配、電話での日本語アシスト、家族への緊急事態連絡、緊急移送、帰国手配サービスなど。
  • リーガルアシスタントサービス:緊急時の弁護士紹介、弁護士費用として1件につき上限1,000USドル立て替え、保釈金立て替えなど。

本会員および家族カード会員、日本国外を旅行するカード会員に同行する家族(配偶者、お子様など生計を共にする親族)にも適用されるのは嬉しいですね。

海外旅行航空便遅延費用補償

適用条件・適用対象

旅行代金をカードで支払った場合に、保険が適用されます。搭乗した航空便の遅延もしくは航空便に預けた手荷物の遅延・紛失などにより、支払ったホテル等の客室料や食事代、衣料購入費などを補償してくれます。

乗り継ぎ遅延費用

1回の到着便の遅延について最高20,000円

航空便を乗り継ぎ予定が、到着便の遅延によって、搭乗する予定だった飛行機に搭乗することが出来ず、到着便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便に搭乗することが出来なかった場合、宿泊料金や食事代を2万円を限度として補償されます。

出航遅延、欠航、搭乗不能費用

1回の出航遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能について最高20,000円

搭乗する予定だった航空便について、出航予定時刻から4時間以上の出航遅延や航空便の欠航等で搭乗することができず、出航予定時刻から4時間以内に代替えとなる飛行機に搭乗できなかった場合、食事代として2万円を限度に補償されます。

受託手荷物遅延費用

1回の受託手荷物の遅延について最高20,000円

航空便が目的地に到着してから6時間以内に、航空会社が受託した手荷物が、目的地に届かなかった為に負担した衣類や生活必需品の購入費用を2万円まで補償してもらえます。

受託手荷物紛失費用

1回の受託手荷物の紛失について最高40,000円

飛行機が目的地に到着してから48時間以内に、受託した手荷物が運搬されなかった場合、手荷物は紛失したものとみなされます。到着後96時間以内に目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を4万円まで補償があります。

国内旅行傷害保険

適用条件

カードでチケット代を支払った飛行機や新幹線などの搭乗中や宿泊中の火災・爆発事故、またはカードで購入したパッケージ・ツアーに参加中の事故によって傷害を受けた場合に補償されます。

スカイトラベラー スカイトラベラー・プレミア
死亡・後遺障害 最高2,000万円 (家族:最高1,000万円) 最高5,000万円 (家族:最高1,000万円)
家族特約の対象者 会員(家族カード会員を含む)の配偶者、生計を共にする子供と両親などの親族

ショッピング・プロテクション

スカイトラベラー・カードで購入した商品が破損・盗難などの損害にあった場合に補償されます。

スカイトラベラー スカイトラベラー・プレミア
年間最高補償額 200万円 500万円
1事故当り自己負担額 1万円
補償期間 商品購入日から90日間

オンライン・プロテクション

ネット上での不正使用の損害を、全額補償してくれます。

カードの緊急再発行

紛失や盗難の際にも、通常翌営業日内に緊急再発行が無料で受けられます。また、次の目的地のトラベル・サービス・オフィスでの再発行カード受け取りも可能です。

キャンセル・プロテクション《プレミアのみ》

適用範囲・条件

突然の出張や病気・ケガなどで、各種チケットをキャンセルする際、キャンセル費用を同行予定であたった配偶者分も併せて年間最高10万円まで補償してくれます。

ただし、キャンセル事由がカード会員、その配偶者または子供の傷害による通院の場合、カード会員1名あたり年間3万円限度となります。

対象となるキャンセル事由

  1. カード会員、その配偶者または1親等以内の親族の死亡、傷害または疾病による入院
  2. カード会員、その配偶者または子供の傷害による通院
  3. カード会員の社命出張(勤務先の役員でないカード会員または個人事業主でないカード会員に対して提供される海外旅行契約に基づくサービスのみ)

補償対象となるイベント・サービス

  • 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  • 旅館、ホテル等の宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 航空機、船舶、鉄道、自動車等による旅客の輸送
  • 宴会、パーティに供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 運動、教養等の趣味の指導、教授または施設の提供
  • 演劇、音楽、美術、映画等の公演、上映、展示、興行

自己負担額

1,000円または当該キャンセル費用の額の10%相当額のいずれか高い額

海外へ行く機会が多い人には、海外旅行傷害保険を手続きする手間や負担がなく、充実の補償があるスカイトラベラー・カードがおすすめです。

海外でのさまざまなトラブルによる損害への補償が受けられるだけでなく、家族も含めた補償や、24時間365日、電話での日本語サポートがあるので、旅の不安が解消されます。

海外旅行の計画を立てる前に、今すぐあなたもスカイトラベラー・カードに申し込みしましょう。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る