断食はうつ病に効果があるのか‥ないのか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


食べ物で、うつの症状が改善することはあるのでしょうか?
私は花粉症で、春になるとツライのです。

何かいい対策はないかな~と調べていると、断食で花粉症が改善する‼らしいのです。本当に?と思い、さらに調べていたら‥‥断食で「うつ病が改善」という記事を発見しました。

スポンサードリンク

断食でうつ病が改善!!

断食は、慢性胃炎などの心身症、うつ病、不安障害に効果的なのだそうです。

この症状に効くメカニズムは、完全に解明されてはいないようですが、断食という負荷を加えることで、神経や内分泌系、免疫機能が再調整されて、心身ともに健康になり、断食を乗り越えることで、自分自身に対する信頼感が増し、メンタルが強くなるそうなのです。

腸内環境を整えるとうつ病をはよくなる?

断食をすることで、腸内に溜まっている老廃物が、身体の外に排出されるため、体内の毒素が減り、善玉菌が優位になります。善玉菌が優位になることで、神経伝達物質が作られるようになり、自律神経も整っていきます。

また、断食中の体内では「ケトン体」なる物質が作られます。このケトン体は脳への栄養素となるため、脳をスッキリさせる効果も期待できるのだそうです。

腸内環境を整えることで、10人に3人のうつ病が改善されたというデータもあるのです。私は、この記事を読んだときはかなりビックリでした。

はじめて「うつ病かも?」というときには、ご飯が食べられず、体重も5㎏ほど減りました。入院中も、「1日3食たべなさい」と看護師さんに毎日言われていました(今も通院時には毎回言われています)。

しかし、反対に、断食はうつ病には効果的ではないという記事もあります。

うつ病で断食なんてもってのほか!!

うつ病は、心の病気で気分が落ち込んでいるので、何もしたくないのです。そういった人に断食をさせることは逆効果!体力もなくなり、気力もなくなるので、余計にうつ病が悪化していきます。

少しずつでも、何か食べて元気を出さなければ、病気は治りません。気力、体力を失って倒れてしまうのです。そうなってからでは、回復するのにかなりの時間がかかります。

頭の中から栄養分がなくなると、物事が考えられなくなるのでボーっとしてしまいます。

力も出なくなるので、体を動かしたり自分の部屋から出たりすることも、おっくうになってしまいます。そうなってしまったら、もうどうしようもないのです。

心の病気だからといって、食べたくないからといって食べなかったら、どんどん頭は働かなくなり、体は動かなくなり、物事をいい方向に考えられなくなります。元気になるためには、食べることが一番なのです。

どっちが正解?

これをすれば絶対に治る‼という治療法はないので、正解はないのかもしれませんが、私は、食べたほうがいいような気がします。

理由は、何も食べられずに5㎏痩せたときには、頭もボ~っとして、思考能力もありませんでした(うつだから当然?)。

1日3食たべられるのは1年に数回のみで、調子が悪いときは、1日~2日何も食べない日もあります。平均すると1日1.5食くらい。という生活を3年近く続けていますが、いまだに治っていないからです。

しかし、データがあるように、10人に3人はうつ病が改善しているのです。逆に考えれば、10人中7人は効果がないということですが‥100%の改善方法がないのだから、試してみる価値はあると思います。

不調で、食べられないから食べないことと、断食は違うのかもしれません。今の私には、1日3食たべることよりも、3日間ほど断食するほうが簡単な気がします。ある程度調子のいいときに、意識して断食してみようかなと思っています。

効果があれば後日報告します。

追記:調子のいいときに3日間の断食をしてみました。が、私には効果がないようです。断食をしてもやっぱり体調に波があります。

もしかしたら、断食して波が小さくなっているのかもしれませんが、最近は自分自身の「通常の状態」がわからなくなってきました‥。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る