久しぶりの美容院で親孝行!?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


久しぶりに実家に帰りました。
実家に帰っても、いつもと変わらない日常です。

「ただいま」と家の玄関を開けてから、「じゃあね~、また来るね」と言って、玄関を閉めるまで3泊4日、一度も外出しない。

スポンサードリンク

毎日、家の中でネコとごろごろ。食事も食べたり食べなかったり‥
両親に申し訳ないと思いながらも、実家に帰るだけで精一杯がんばっているんです‥と、自分に言い訳して、結局なにもしない😅

母も、私を外に連れ出そうと「新しいコート買ってあげるから見に行こう」とか、いつも、父に借りた本を読んでいるので、「たまには自分の読みたい本を買ってみたら?」と言ってきますが、私は、「出掛けないから服はいらない」、「父の貸してくれる本が面白いから、新しい本はいらない」と、外出しません。

双極性障害になってからでも、調子がいいときは散歩に出掛けたり、友人と食事に行っていましたが、ここ2~3ヶ月の間は、完全に引きこもっています。

引きこもってからは、美容院にも行っていない。手入れも面倒だし、急に髪が切りたくなりました。だけど、出掛けるのは嫌~。と思い、母に「髪切って~」とお願いしました。

母「ガタガタになってもいいの?」

私「どうせ外出しないし、ガタガタでも何でもいいよ」

掃除がしやすいように、私は新聞紙をかぶり、玄関で母に髪を切ってもらいました。

母に髪を切ってもらうのは、何年ぶりだろう?

小学生高学年くらいになると、美容院に行きたい!と、母に文句を言っていた気がする‥

懐かしい~、まさかこの歳になって、母に髪を切ってもらうとは思いませんでした。しかも自らお願いするなんて‥(笑)。

そんなことを考えていたら「出来たよ。どう?」と言われ、鏡を見てみると‥

本当にガタガタだよ。

何度か修正してもらいようやく完成。

きっと、母も私の髪を切りながら「懐かしい」と思っているはず。
そう思うと、これも親孝行なのかな?引きこもっていることが、少しだけ「よかった」と思えました。

美容師の友人が一押しのシャンプー。細くて絡まりやすい、私の髪質にはぴったり。サラサラでもつれにくく、髪は天使の輪のツヤが出て、地肌もスッキリした洗い上がりですよ。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る