ガジュマルで運気アップ!簡単に育てられる観葉植物

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る


ガジュマルは「幸せを呼ぶ樹・幸せを見守る樹」などと呼ばれている独特の姿で人気の、育てやすい観葉植物です。太くて個性的な幹の形は、ひとつひとつ異なり、自分だけのオリジナルとして、どんどん愛着がわいてきます🌱

スポンサードリンク


ガジュマルは、多幸の樹とも呼ばれ、陽気な精霊「キジムナー」が宿るといわれています。キジムナーは子供と、心の美しい人にしか見えないんだとか‥

花言葉は、健康です。はじめは細い根が、太く強い幹に成長していく…そのガジュマルの強い生命力やたくましさが、由来となっています。

また、その丸みを帯びたフォルムから金の気をもちます。風水でも金運アップにつながると人気の観葉植物です。

<ガジュマルは育て方も簡単>

水やりは、生育期の5~10月は、多湿を好みますので、葉水かけを兼ねて、葉にも水が十分にかかるようにして、土にもたっぷり水やりをします。

冬場は、土の表面が乾燥してから、水をあげます。乾燥気味で育てていくのが冬場のガジュマルの育て方のポイントです。寒さが苦手なので、冬場は必ず室内に入れてあげましょう。

私は以前、仕事で1ヶ月ほど家を空けていました。家にはガジュマル・ポトス・アイビーなどの観葉植物がありましたが、ガジュマルだけが、ひん死の状態で生き残ってくれていました。

もし、落葉しても諦めないで~💦春に新芽が出てくることもあります。とっても生命力が強い植物なのです。肥料も不要なので、手がかからなさすぎて、少し淋しいかも。

ある程度大きくなってきたら、自分の好きな形で剪定したり、植え替えをしてあげましょう。

また、癒し・リラックス効果もあり、どこに飾っても存在感がある観葉植物です。たっぷりとおひさまの光に当たる場所なら、青々とした葉っぱを1年中茂らせています。(直射日光は苦手です)

大きくなるスピードが速いので、日々変化が楽しめるところも魅力です。今から成長が楽しみです。

 

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です