正月三が日って何?お正月のやってはいけないこと

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

正月三が日とは、1月1日〜3日までのことを三が日といいます。

年神様をお迎えするのが起源の正月行事ですが、多くの職場で、現代も正月の三が日が休みとなっているのは、1月3日が元始祭(げんしさい)という祝日だった事が背景にあると考えられているようです㊗

スポンサードリンク

元始祭は、天皇陛下が宮中において自ら主宰する親祭との事で、
「皇位の元始を祝ぐ儀式」として、今も宮中で行われている正月行事ですが、祝日ではなくなった現在でも、昔の名残で正月休みが三が日と捉えられているようです。

そして、正月三が日にはやってはいけないことがあります。

<掃除>

お正月には、歳神様が家に入ってこられます。

昔の掃除は、ほうきでの掃き掃除が多かったので、ほこりと一緒に、神様を掃きだしてしまわないように、掃除をするのはよくないのです。
特に、玄関の掃き掃除は控えましょう。

<水仕事・洗濯>

神様を水に流さないため、水仕事は避けた方がよいそうです。
もちろん、洗濯も、お風呂も‥トイレも?
いくら避けた方がいいと言っても、不潔なのはさすがに神様も嫌がりますよね。

全く水を使わないことはできませんが、できれば午後に洗濯などするほうがいいそうです。
3日間だけだし‥神様が流れていっては大変だ。

<火・刃物を使う>

台所には、かまどの神様もいらっしゃるので火は使えないのです。
かまどの神様も「正月くらい休みたいよ~」といっています。
また、煮焚きすると灰汁が出ます。

この「灰汁(あく)を出す」が「悪く(あく)を出す」の意味につながって縁起が悪いと言われています。

刃物も、切ってしまうという意味合いで、使うのはよくないそうです。
だから年末に、「おせち料理」を作るんですね。
でも、お雑煮は食べたいなぁ~。

<お金を使う>

お金を使いすぎると、その年はお金が貯まらないといわれています。
最近は、セールや福袋など、三が日にありますので、使わない❗❗ではなく、使いすぎに気をつけましょう。

ただし、神様に手向ける初詣でのお賽銭は、たくさん使ってもいいのだそうです。

新年の3日間くらいはゆっくりしましょ~ってことですよね。
あまり忠実に守りすぎても、4日から大変なので、無理のない範囲で、神様に感謝しながら、ゆっくり休みましょう。

 

 

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です