ヒンドゥー教の聖地バラナシ

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

namasute🙏

しっかり休んで、今日からはバラナシの観光です。

まずは朝食へ🍴

スポンサードリンク

北インドの定番の朝食は、パラーター(またはパラーンター)です。
アーター(全粒粉・ふすま)をこねて、そこにバターを塗って層状に重ねて焼くパンであり、デニッシュのようなものです。
パラーターにダヒー(ヨーグルト)、アチャール(漬物)をつけるのが朝食では一般的。
野菜カレーとチャイも付いて100ルピー(¥175)

お腹いっぱい!!これを食べると朝から元気が出ます


朝食の後は、オートリキシャーに乗って
バラナシ・ヒンドゥー大学へ
構内は車からバイク、リキシャ、自転車、牛まで
街中と変わらず走ってます

大学の敷地内にもかかわらず、
貧しい家族がふらふらしてたり、物乞いもいたりして
さすがインドです(苦笑)


インドに6つしかない国立大学のうちの一つで、
なんと敷地面積はアジアの大学で一番とも言われています。


ヴィシュワナート寺院はヒンズー教の3大神の一柱のシヴァ神をまつった寺院です。
シヴァ神は破壊の神です。
世界が終わりに近づいたとき、もう一度世界を作り直すために、
すべてを破壊してしまう。 インドでは人気の神様です

 


その後、
ドゥルガー寺院(猿が多いので別名「モンキー・テンプル」とも呼ばれている。ドゥルガーとは、破壊神という恐ろしいシバ神の妻・ドゥルガー神のことで、やはり恐ろしい神だという)にも寄って頂き(撮影禁止のお寺です)、
サモサを買ってホテルへ戻ります‥が‥

ゴドリヤーからは狭い路地のため、徒歩でホテルへ
同じような通りなので、簡単に迷子になれます


通常ホテルまで、徒歩10分程ですが、
私は1時間もかかりました


インド人は「知らない」と答えることは失礼だと思うらしく、
自分が知らない場所でも、適当に教えてくれる
そのほうが迷惑なんですがね~😵

同じ場所を行ったり来たりし、完全に迷子
別のホテルを発見したので、フロントで聞いてみると、とても親切な人で
私をホテルまで送って下さいました

心の底からありがとうございました
でも、案内するといって、別の場所に連れて行かれることもあるそうなので要注意です

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です