バンコクのパワースポット・エラワンの祠

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バンコクには街のあらゆる所に寺院が点在していて、
地元の方や観光客の方もお花と線香をお供えし、お祈りしています。

スポンサードリンク

BTSチットロム駅周辺だけでも多数あり、パワースポットとして人気です。
バンコクにおいて最大のパワースポットと呼ばれる場所はエラワンの祠(ほこら)です。

これは行かなくては

エラワンは、通常の寺院のようにお堂の中に仏像が祀られているわけではなく、
敷地内の中心に仏像が置いてあります。

この仏像はプラフマーと呼ばれる神様で、ヒンドゥー教において三最高神の一人であり、世界の創造と破壊後の再創造を担当していると言われています。


タイと言えば仏教だと思ってましたが、
エラワンはヒンドゥー教の神様なんですね~知らなかった。

タイの国教は仏教で(憲法では宗教選択の自由が認められている)、国王は仏教徒でなければいけません。

だけれども、王室関係の行事はヒンドゥー教の司祭であるバラモンが行うそうです。なんとも不思議な感じがします。


エラワンと同じくチットロム駅そばにあるトリムルティの祠
こちらはバンコク最強の恋愛成就の神様として、恋する女子や男子から絶大な支持を集めています。

三位一体神が祀られていて1日中参拝する人が絶えませんが、特に木曜日の夜9時半に、赤いバラ9本と線香9本をお供えすると効果絶大…というジンクスがあるそうで、この時間には大変な賑わいとなります。

トリムルティの祠の隣りには、ゾウの頭のガネーシャ神が祀られた祠も並びます。ガネーシャもヒンドゥー教の神様で、特に勉学(特に語学)と芸術の神として崇められています。

私も周りの人々を見ながら参拝してきましたが‥
日本語だけど神様わかるかな???

一人旅にも慣れてきて、体調もそれなりに順調。
バンコク市内も毎日フラフラして、美味しい物を食べて満喫していますが‥‥
綺麗な海が見たいな~と思いました。

私の長所は「思い立ったら即行動」です。
私の短所は「無計画」です。
せっかくなので?長所と短所を生かしてプーケットに行くことにしました。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です