ワット・プラケオが見たいんですけど‥

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

無事にタイに到着。
ただ飛行機に乗っていただけですが、自力で手配して、出国・入国できたと思うとテンションも上がります。

スポンサードリンク

旅の目的は‥
「外人さんのようにNOと言える人になろう❗」です。

特別に見たいもの、行きたい場所、食べたい物、買いたい物などはありません。
ん~、タイと言えば‥お寺?
ガイドブックには3大寺院が載っている。
有名っぽいし、行ってみよ~。

トゥクトゥクのドライバーさんと料金交渉し。

まずはワット・プラケオ&王宮

ワット・プラケオは国王ラマ1世が1782年に居城として築いた王宮とその守護寺院です。敷地も広く、入場料も高いし、見応えありそう。
せっかくなので、イヤホンガイドを借りてゆっくり見学しようかな~
と思いながら、まずはチケットを購入。

イヤホンガイドは何処で借りられるの?と、人のいる方へ進んでみると‥‥

なんと‥

入場してしまいました


立派な建物‥煌びやかな建物‥‥これは何?
やっぱりイヤホンガイドが欲しかった


少し離れたところに小さな白い建物発見。
周りは草むらになっているし、お手洗いかな~?と思い、行ってみました。

‥違った😞従業員さんの休憩所かな?
そのまま引き返せば良かったのですが、
私はなぜかお手洗い探しの旅へ、奥へ奥へと進んで行きました。

気がつくと‥‥

車が走っている。

私は知らない間に、従業員さんの出入り口から外に出てしまったようです。
再入場出来るかな?まだ半分も見てないと思う。
なんて言えばいいんだろう?英語もタイ語もワカラナイ。

‥‥諦めました

次の寺に行こう。

気をとりなおしてワット・ポーへ向かいます。

このお寺の見所はなんといっても、入り口を入ってすぐに拝める全長46メートルもある寝釈迦仏です。
チケットを購入し、スムーズに入場。広くもないのでイヤホンガイドもありません

バンコクで最も古いお寺、タイで初めての大学、タイ式マッサージの総本山でもあります。

3大寺院の中でも、私はこれが一番見たかったのよね~
と強がりを言ってみる。

そして、3大寺院最後はワット・アルン

こちらはティアン船着場から、専用の船で渡ります。


見所は、巨大な仏塔がそびえる神聖な寺院です。
塔の高さは67メートル、階段を使って上の方まで登れます!


上からの景色は絶景


ただ、階段が急斜面なので、降りるのが結構怖いです。
日が暮れるとライトアップされるのでお勧め

と、ガイドブックに書いてありました(笑)
残念ながら私はワット・プラケオで精神的に疲れ果ててしまったので、
日暮れを待たずに帰ります


トゥクトゥクのおじさん。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です