スカイトラベラーは航空会社のクレジットカードよりもマイルが貯まる


マイルを貯めて、いつか旅行に行こうと思ってJALカードやANAカードを持っている方も多いのではないでしょうか。マイルを貯めるためには、どこの航空会社で利用するかがポイントになります。

普段からよく飛行機を利用する方であれば、その航空会社のマイルを貯めるのが一番です。

でも、いつかマイルが貯まったら旅行に行きたいという方は、行きたい国が変わることもあります。あなたの貯めたマイルでは希望の路線がないかもしれません。

そんな方にオススメなのがスカイトラベラー・カードです。スカイトラベラー・カードは無期限でポイントを貯められて、15社の指定航空会社のマイルと交換することが出来る優れたクレジットカードです。

そんなスカイトラベラーのポイント制度を詳しく解説していきます。

アメックススカイトラベラーには、スカイトラベラー・カードと、スカイトラベラープレミアがあります。

  • スカイ・トラベラー3倍・5倍ボーナス
  • 入会ボーナスポイント
  • ファーストトラベル・ボーナスポイント
  • 継続ボーナスポイント

など、航空マイルが貯まるオリジナル特典があります。

スカイトラベラー スカイトラベラー・プレミア
年会費 10,000円+消費税 35,000円+消費税
家族カード年会費 5,000円+消費税 17,500円+消費税
入会ボーナス 3,000ポイント 5,000ポイント
ファーストトラベル 5,000ポイント 10,000ポイント
継続ボーナス 1,000ポイント 5,000ポイント
ポイント還元 100円=1ポイント 100円=1ポイント
対象航空券ポイント還元 100円=3ポイント 100円=5ポイント

<ファーストトラベル・ボーナスポイント>

カード入会後1年以内に、対象航空会社27社の航空券を、対象航空会社のウェブサイトなどから直接カードで購入された場合、または、対象旅行代理店2社の指定旅行商品をカードで購入した場合のいずれか初回に限り、ボーナスポイントがもらえます。

<継続ボーナスポイント>

毎年のカード継続毎に継続ボーナスがもらえます。

<スカイトラベラー・ボーナス>

対象航空会社27社の航空券を直接カードで購入した場合、または、対象旅行代理店2社の指定旅行商品を購入した場合、ポイントが通常の3倍・5倍になります。

※スカイ・トラベラー3倍・5倍ボーナスは、通常ポイントと合わせて年間60,000ポイント(200万円カードご利用での獲得分)が上限となります。

ポイントの有効期限は無期限

そして、このスカイトラベラー・スカイトラベラープレミアの魅力の一つが、ポイントの有効期限がないことです。有効期限がないので、あまり飛行機に乗らない方でも、コツコツポイントを貯めて、お得にマイル交換することができます。

ポイントは15社の航空会社へ移行できる

ポイントは、ANAを含む15社の航空会社に移行することができます。航空会社へのマイル移行は、登録料も必要ありませんし、移行上限もありません。

スターアライアンス ANA
シンガポール航空
スカンジナビア航空
タイ国際航空
ワンワールド キャセイパシフィック航空
フィンランド航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
カタール航空
スカイチーム デルタ航空
エールフランス航空/KLMオランダ航空
アリタリア-イタリア航空
チャイナエアライン
非加盟 ヴァージン アトランティック航空
エティハド航空
エミレーツ航空

ANAマイルに移行するには、メンバーシップ・リワード・ANAコース(年間5,000円+税)が必要で、年間80,000ポイントまでという制限があります。

ポイントの移行先に、ANAも含まれているのが嬉しいところですが、JALは残念ながら含まれていません。

でも、JALと同じワンワールドに加盟しているブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)にマイルを移行し、ブリティッシュエアウェイズ経由でJALの特典航空券に交換することができます。

しかも、ブリティッテュエアウェイズは短距離路線で必要マイルが少ないことでも有名です。

ブリティッシュエアウェイズでは、東京ー大阪など、4,500マイルで乗ることができます。

一方、JALの場合は、通常で6,000マイル、ディスカウントマイルでも5,000マイル必要なので、ブリティッシュエアウェイズでJAL航空券に交換するほうが断然お得なんです。

アメックスのスカイトラベラー・カードは、スカイトラベラー3倍・5倍ボーナスをはじめ、最強の航空マイレージ特典を備えた、究極のマイラー向けカードです。

少しでも早くマイルを貯めたい方は、今すぐスカイトラベラー・カードに申し込みよう。